〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-1-1 ba05ビル6階・7階
03-6903-6355

 
08:30~23:30

休診日:日曜

*ベット数には限りがありますので、時間、曜日指定の方はお早めにお問い合わせ下さい。

夜間透析 23:30迄

日本透析医学会教育関連施設

難病指定医療機関

 
08:30~23:30

休診日:日曜

*ベット数には限りがありますので、時間、曜日指定の方はお早めにお問い合わせ下さい。

夜間透析 23:30迄

日本透析医学会教育関連施設

難病指定医療機関

お知らせ

    • 2020/10/12
    • お知らせ

    モニター型体温計の設置のお知らせ

    大塚院、池袋院ともに接触機会の低減のためにモニター型体温計の設置をいたしました。当グループでは「3密回避」と「衛生管理」の2つの対策軸を掲げ、透析機械毎のパーテーション設置や大規模空調システムによる高度換気、オゾン発生装置による空間除菌を行うことで最高水準の感染対策を目指しております。これらの2軸を施設における規範として具体化し、対策を徹底してまいります。引き続き、マスク着用、手指消毒へのご協力お願いいたします。

    • 2020/08/18
    • お知らせ

    新規開院のお知らせ

    2020年8月1日(土)に新規開院いたしました。
    今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

CONCEPTコンセプト

「人々の豊かな人生を紡ぐ」

当院を一言で表現しますと「真面目」なクリニックです。
スタッフ一同、笑顔と熱意を持って治療にあたらせていただきます。

1.最善で最適な専門治療を提供する

「透析するまでは腎臓内科の診療を受けていたのに透析導入したら腎臓内科の診療を受けなくてもいいのだろうか?」という声にお応えし、当院では腎臓内科専門医が常勤体制で勤務し、各病院と連携を取りながら継続して専門的な治療を提供して参ります。

2.最新の治療を提供する

当院では旧来の透析とは別に在宅透析という分野に力を入れております。働きながら透析をされている方、日中に透析の時間を取る余裕のない方の選択肢として新しい治療を提供して参ります。

食事制限がほとんど必要ない在宅血液透析にご興味がある方は紹介状不要の面談を随時承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

副院長ご挨拶

清水比美子

当院の副院長を務めさせていただきます清水比美子です。主に日勤帯を中心に皆様の診療を担当させていただきます。

私は学生の頃、透析をしておりました祖父を間近で看病した経験から医師を志しました。卒業後は透析医療に精通した専門家である腎臓内科を専攻し臨床経験を積んで参りました。祖父を看病した経験からひとりひとりに寄り添い、親身になって考えることを第一として診療にあたっています。

私自身、姉妹院である池袋院での診療もしておりましたが、こちらのクリニックに来て良かった、助かりました、という声をたくさんいただけたことが励みになりました。

当院におきましても池袋院と同様に、皆様が少しでも安心して過ごすことができるよう、良質な医療の提供のため邁進したいと思います。

また、患者様の良き相談相手となれるよう、皆様1人1人と信頼関係を重視した診療に努めて参りたいと考えております。

東京透析フロンティア大塚駅前クリニック 副院長清水比美子

院長ご挨拶

当院で院長を務めさせていただく、野老山武士(ところやま)です。

私は病院勤務を通して多くの患者様に透析を導入し、また看取る事もありました。終末期では多くの方が家で最期を迎える事を希望されますが、透析をしている場合にはクリニック側の受け入れの問題もあり難しいのが現状です。私は今まで最後に少しでも家に帰してあげたい、という思いをもって診療にあたってきました。

私の祖母は晩年に難病を患い末期腎不全でありながら自宅療養を強く希望しましたが、ADLが低かったために通院を受け入れてくれる施設が見つかりませんでした。祖母は余生を入院で過ごすならば透析を行わないという選択をして人生を全うしました。

この度、原先生ともども当院を開設するにあたり、当院では透析をしていたとしても、少しでも長く自宅で落ち着いた時間を過ごせるように笑顔で迎え入れてあげたいと思っています。

クリニックとは患者様と最も長い関係を持ち、最も病状を把握し、最も親身になれる存在です。透析だけではなく体の痛みや悩みの良き相談相手になり、ともに健やかで、楽しい生活を送れるようにサポートしていきたいと考えております。

院長(共同設立者)野老山 武士

当院で名誉院長を務めさせていただく原正樹です。

私は祖父が内科医として診療拠点としていたクリニックで地域医療に再び貢献したいとの強い思いを抱くに至り、野老山先生とともに池袋院を設立し、診療にあたってきました。大塚院でも引き続き手を取り合ってより良い診療を継続して参ります。

私は祖父を尊敬しておりますが、生前の祖父は、患者様のお話しをよく聞き、熱意をもって医療に取り組む医師だった事をよく覚えています。こうした祖父の意思や理念を継ぐように、医師となり腎臓内科医になった今、より患者様に近い存在としての医療人たるべく、地域医療に貢献し、専門を生かした良質な透析診療を行っていきたいと考えております。

透析患者様に医療を通じた安心を感じてもらい、患者様の生活を支える透析クリニックとして、“親しみやすく、笑顔で元気に帰れる透析クリニック”にできるように尽力していきたいと考えております。

名誉院長(共同設立者)原正樹

スタッフ長(臨床工学技士)ご挨拶

大塚駅前クリニックで主任を務めさせていただきます臨床工学技士の中釜と申します。

東京透析フロンティアは患者様へより良い医療を提供するために様々な新しい取り組みをおこなっており、透析医療の最先端を担う病院のひとつとして、患者様へより良い透析医療を提供していきます。

今回、池袋駅北口クリニックの姉妹院としてオープンしましたが、より一層地域医療に貢献すべく、活気のある透析施設を作り上げていこうと考えております。

当院では長時間透析を始め、在宅血液透析、地域で最も遅い23:30までの夜間透析など、患者様のニーズに合わせた透析医療を提供できることが強みです。また、透析時間を有効活用できるよう、テレビはもちろん、WiFi環境も整えており不自由のない環境を提供しております。中には透析室で長時間透析をしながらリモートワークをされている患者様もいらっしゃいます。

皆様が笑顔で透析にいらっしゃる透析施設になるよう励んで参りますので何卒宜しくお願いいたします。

スタッフ長(臨床工学技士)中釜祥吾